医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いとは?

医療レーザー脱毛とエステ脱毛は施術を行う施設が変わってきます。
エステ脱毛は光脱毛とも呼ばれており、エステサロンなどで受けることができます。
これに対して医療レーザー脱毛は美容クリニックなど医師のいる医療機関で受けることができる脱毛になります。
これはレーザー方式の脱毛のほうがムダ毛への効果が高い分、肌への負担が大きくなることが要因しています。
万が一、痛みや炎症などの肌トラブルが起きた場合、すぐに対応できるよう医療機関での施術が決められているからです。

医療レーザー脱毛の方が脱毛完了までの期間が短い

医療レーザー脱毛はクリニックで医師が行う脱毛施術ですが、エステサロンなどで使われる脱毛機器よりも出力が高いレーザーを用いることができるため、脱毛効果が高く完了までの期間を短くすることができるのが魅力です。
脱毛部位にもよりますが、毛がはえてこなくなるまでに必要な脱毛の回数は医療レーザー脱毛で5〜6回とされており、エステの光脱毛が8~18回程度必要とされることを考えれば、その差は歴然といえます。
ですので、できるだけ短期間で脱毛を終わらせたい時には医療レーザー脱毛が適してるのです。

医療レーザー脱毛なら肌トラブルが起きても安心

クリニックでの医療レーザー脱毛は、エステサロンでの脱毛と異なり、資格を持った医師が常駐しており、医師の管理・指導のもとに脱毛が行われますので、リスク管理がしっかりとされています。そのため、万が一脱毛の施術後に、赤みがひかなかったり、ブツブツができてしまうなどの肌トラブルがおこってしまった時でも、施術を受けたクリニックで、医師の診察や治療を受けることが可能になりますし、薬を処方してもらうこともできます。ですので、医療レーザー脱毛は安心して受けられる脱毛方法だと言えます。

医療レーザー脱毛の施術をするのは医療従事者のみ

夏が近づくと、むだ毛の処理のために脱毛を考える人が多くなります。そんな脱毛を行う際の選択肢としてあげられるのが、専門の医療機関で行う医療レーザー脱毛です。そんな医療レーザー脱毛は、肌に直接レーザーを照射させて行う脱毛であることから、肌への負担も多くなりますが、エステサロンとは違って脱毛の施術を行うのは医師や看護師の資格を持った医療従事者のため、より安心かつ安全に脱毛を受けることができるとあって、大変人気があります。

医療レーザー脱毛なら麻酔が使える

医療レーザー脱毛は毛根部を焼灼するので、痛みを伴います。医療機器を使用するためエステではできず、医療機関であるクリニックでのみ可能な施術方法です。

焼灼する際の痛みはさほど強いものではありませんが、痛みに対して敏感な方やデリケートゾーンの脱毛の場合など、必要に応じて医師と相談の上で麻酔をすることも可能です。

方法としては、笑気ガスによる麻酔とクリームによるものの2種類があります。クリームは塗布してから30分ほどで効果が現れてきます。

医療レーザー脱毛ができる福岡の安い医療脱毛口コミランキングを紹介中です!医療レーザー脱毛は、皮膚科やクリニックで施術するので安心して医療脱毛ができ、キャンペーンがある場合もあります。できるだけ安く(全身・VIO(ハイジニーナ)・脇・顔・腕・足・手足・背中)脱毛したい方に評判のサイトです。